イベント詳細


川が大氾濫。そんなこと、いつもより少し厳しい雨で起きるなんて、ほとんどの人が想像しなかった。注意が届かなかった人、注意に気づかなかった人、ハザードマップ通りなったのに連絡が来ても逃げなかった人がいる。

ある日普通の日が”その日”になったら、私たちはどうしたら、いいか。そんなことを考えてみます。

この度、千葉全域から有志を募り、千葉の防災をデータやITの力を使い、当事者として企画を考え進めます。
流山市の防災意識の高い小学生たち、松戸市のエンジニアの方々、千葉市の防災担当の方から参加の希望があり、千葉ブロックのキックオフを行います。
参加希望の場合は、”エリアと自身が得意なこと、出来ること”をご連絡ください。
オープンな場ですので、見学も自由、参加費無料です。

今回はUDC(アーバンデータチャレンジ)の企画です。
千葉ブロックのコーディネーターとしての活動もしていますので、”うちでこれつくるからUDCに応募したい”という声があればmachiminまでお声がけください。

アーバンデータチャレンジ2017について