イベント詳細


流山の最大の地域資源みりんには、歴史や文化が詰まっていながら、ユネスコ無形文化遺産となるなどグローバルな和食の基礎であり、何よりスーパーや商店で買える日常品です。

当たり前に活用していたのを少し、少し意外性がある使い方に変えてみる実験をみんなで遊んでいたら、「みりんのマシュマロ」や「みりんのキャラメル」をはじめとするたくさんの”作品”ができました。それを”商品”にするためには免許がいるとわかり、菓子製造業を取得したり、まとめて特許出願したりしました。

machiminで「マーケティング、企画、集客・営業」をサポートし、みなさんは「商品開発」を行うと、いつかパン教室をしたい人、いつかケーキ屋さんになりたい人の練習の場となり得ましたし、それを”みりん”でやることで、地域盛り上げに”家で”参加できるようになりました。

あなたが毎日やっている料理、パン作り、お菓子作り、などが”有料”になり経済的な価値がだせます。

すると、小学生が地域の授業で学ぶ”みりん塾”で湧き上がった子ども達ならではのみりんクッキーレシピも、いつかカフェを経営したい中学生のみりんワッフルレシピも、machiminですべて新商品として出せるということに気がつきました。それはまさに、キャリア教育であり、最高の遊びです。

いつかと夢見ていることは、”現実”にできます。まずはその一歩を出せる環境が大事だと考えます。

みりんなら、そうしながら地域とつながることを無理なくやれる。これって楽しいですよね。machiminは今年、みりんで商品開発していきたい仲間を募ります。ビジョンに共感いただけるなら、年齢経験は問いません。

そこで、まず手始めにみりん座談会を開催します。
流山最大の地域資源「みりん」を活用しての商品開発に興味がある方、ぜひお越しください。

————
2/3 15:30-17:00@machimin
参加費無料
みりんで作った何かの持参
みりんに詳しいスペシャルゲスト!が登場
————

寒いので防寒をしっかりしてきてくださいね!