イベント詳細


吊るし雛が始まったのは、江戸時代のようです。
その頃、特別裕福ではない一般のお家では、雛人形はとても高価なもので、なかなか手に入らないものでした。
だけど、生まれてきた子供の幸せを願う気持ちはみんな一緒。だから、お母さんやおばあちゃん、親族や近所の人たちまで、みんなで少しずつ小さな人形をつくり、持ち寄って「つるし雛」が作られ始めたんです。いろんなものを吊しますが、1つ1つに意味が込められていているそうです。

みんなの想いをいっぱい詰め込んで作られたのが「吊るし雛」

machiminでは、小さなお子さん連れの方でもトライできるように、針を使わないやり方で、簡単なものをやってみます。

—————————————————————
子どもでもできる手作り吊るし雛ワークショップ
2/23 10:30-12:00
10名まで
材料費500円(キャップ玉4個とうさぎちゃん)
※オプション吊るし飾りも販売します。
家でやってみたくなった方用キットも販売予定
—————————————————————