流鉄沿線活性化実行委員会に賛同を得て、住民創発型まちの魅力づく
り・世界に向けた発信として壁画プロジェクトを2019年10月8日より開始する旨、プレスリリースいたしました。

■内容
100年以上前にまちのために町民によって作られた町民鉄道・流鉄の流山駅車庫を囲う約100mのトタン壁は赤錆に覆われていました。昨年トタン壁の1番端にできたコミュニティスペース兼観光案内所machiminは住民らと活動する中で、①流山駅をもっと面白くすることで流鉄に乗る人を増やしたい②本町のコンテンツを体験してもらうことでその魅力を世界に発信したい③地域産品みりんを活用した食を通じてコミュニケーションしたい という声が集まってきました。
そこでアート制作に必要な塗料・滞在先・滞在期間中の食事を手配する代わりに、英アーティストが歴史・人・食を通じて住民とコミュニケーションし、まちの理解を深め、そこから得たインスピレーションを元に「流鉄車庫を囲う約100mの錆トタン壁」を“絵巻物”のような巨大壁画に変えるアーティストインレジデンス・プロジェクトを開始します。
(壁画制作期間は、2019年10月8日より約2か月半を予定しています。)

現在のトタン壁の状態
プロジェクトメンバーの紹介
流鉄沿線活性化実行委員会について