モノ型コミュニティ支援プロジェクト

このプロジェクトで、Wacreationは「企画」「アップサイクル」を担当しています

■モノ型コミュニティ支援プロジェクトとは

———————————————————
クラウドファウンディングのモノ型
「家にある使わない価値あるものを提供」
することでmachiminを応援!
———————————————————

頂いたもののは、
①machiminで使用します
②加工して商品にして売り運営費にあてます
③そのまま値段をつけて売り運営費にあてます
④そのまま値段をつけずにお譲りします
(まちの方と繋がるツールとします)

■プロジェクト発足の背景

Wacreationが大切にしていることは、「ないなら創ろう、欲しいなら創ろう、あるもの活かそう、みんなでやろう」です。machiminを立ち上げる時もそうでしたし、運営時もそうです。当然、他の事業に取り組む時も同じです。
“あるもの”とは様々で、タンスに眠ったものや、忘れていた過去、自負している強み、光を当てていない日常、使われてない場所、注目していなかった素敵なもの、マイナスポイントだと思い込んでいるもの、本当はやりたかったという気持ち、、色々あります。自分が価値を感じていなくても、他人が感じることはよくあります。いつも、何かを求めてしまう時は、”ないもの”をみてしまうけれど、”あるもの”を見る癖をつけていきたいです。自分についてはわからないものなので、外からの視点やつながり、組み合わせが必要になると考えています。個であり組織である、逆も然り。

machiminは、皆さんの力や、ある物や、あるアイデアで、成り立っています。スペース内にあるものの97%は頂き物です。
“運営に必要な備品を、不用になった誰かに頂く”
“頂いたものを売らず、お譲りして繋げる”
”頂いた物を加工して販売し運営に当てていく”
の取り組みで皆様にご協力頂いて参りました。
くださる方の大半は「今私は使っていないけどよいものだから、売るなり加工するなりして運営費に当てるなど好きにしてください」と言ってくださいます。でも売るのはなんだか違う気がして、大切に使うか、少し先に来る未来に備えて加工し商品をコツコツ作り貯めているところです。

スタッフに至っては、100%ボランティアです。モノにお金をかけていなくても、改装費や家賃がかかっているので、一緒に楽しんでくださる方の”ある力、ある時間”をお借りしてみんなで運営費を稼いでいます。当然、拡大継続に向けて必要モノやコトがさらに生まれます。スタッフをしてもらう中で築かれた信頼関係と、見つけたその方の強みに対して”今その人ができる報酬のある新規の仕事”や”その人が実はやりたかった報酬のある仕事”をお願いし、一緒に成長していくスタイルをとっています。machiminでの働き方は、給与をもらう形や、業務の受託ではなく、仕事の創出というのがわかりやすいかもしれません。ボランティアは仕事に変わります。

特に、頂いたモノに私が付加価値を付けないまま値段をつけて売ることは何かが違う気がして、一度もしませんでした。くださる方が売って運営費にあてて、といってくださっても、です。でもふと、気づきました。

私が大切にしたいのは、金額を付けるつけないではなく、「machiminを応援したい」とか「その活動に参加したい」という方の関わり方を新しくみつけることだ、と。
実際に縁側に座って店員出来る方、ワークショップで盛り上げてくださる方、みりん商品を開発し販売くださる方、着物雑貨や衣類をアップサイクルくださる方、新しい企画を持ち込んでくださる方、遊びに来てくださる方、SNSなどで広報に協力くださる方、運営に必要な備品をくださる方、ここに”今使用していないモノを、運営費にあてるためにくださる方”や”それを買ってくださる方”あってもいいのではないか?と。

これをやろうと決めたきっかけは、もう自分は使わないからとまだまだ使えるプロジェクターや宝石でできたアート作品、糸かけのアート作品を頂いたことです。不要ではないが使用はしていなくて、きっと欲しい人がいて、売ればいくらかになるし、それもわかっていてあえて、machiminにくださった方が最近複数人いらっしゃったことです。

頂いたモノや、頂きたいモノは、ジモティーでオープンにして参りますので、ジモティーにおけるmachiminアカウントの”プロフィールページ”をぜひご覧ください!価値ある、の定義は様々なので、ご自身がないと思っても、他人にはあることもありますので、ぜひ気兼ねなく!
やりながら形を変えていくこともあると思いますが、是非一緒に面白がってくださいね!

シェア、拡散くださると、大変嬉しいです。

関連リンク

ジモティーにおけるmachiminのプロフィールページ
https://jmty.jp/profiles/