防災プロジェクト

このプロジェクトで、WaCreationは「コーディネーター」「企画運営」を担当しています

■UDCとは

地域課題の解決を目的に、地方自治体を中心とする公共データを活用した年間のイベント開催を伴う一般参加型コンテストです。

■machiminは

UDC2018年の千葉ブロックのコーディネーターになりました。
”うちでこれつくるからUDCに応募したい”という声があれば、machiminまでお声がけください。
machiminでは、防災に関するものを作り上げ、UDCに応募予定です。

■企業との意見交換

8/24に行われたワークショップで出た方向性”隣のおじいちゃん大丈夫かな?という気持ちを行動にかえる”をもとに、ウェザーニュース社に意見交換の時間を頂きました。データをどう活用してビジネスに活かしているかをたくさん知ることができ、大変感動しました。

■市役所との意見交換

千葉市役所や流山市役所へ行き、緊急情報等の配信ルート等をヒアリングすることができました。UDCへのチャレンジ内容に活かします。

■UDCへの応募/結果

「隣のおじいちゃん大丈夫かな?という気持ちを行動にかえる」をもとに、UDCのアクティビティ部門とアプリケーション部門へ応募しました。
アクティビティ部門にて一次予選を通過し、2019年3月16日(土)に東京大学駒場IIリサーチキャンパスで開催される最終シンポジウム&審査会において、machiminの最初の子ども店長が発表しました。
http://urbandata-challenge.jp/2018/2018-3rd-symposium
UrbanDateChallenge2018アクティビティ部門銅賞!また、オープンガバメント推進協議会の金賞をいただきました。