青枝 はるか

aoeda

長年勤めた会社を辞め、自身の健康・家族との時間・自分が得意で人に喜んでもらえる仕事のバランスを大切にすべく、焼き菓子のオリジナルブランドをつくろうと独立。独立してから焼き菓子を焼ける場所を探すというなかなかの強行突破を行う。心とからだに優しい焼き菓子を丁寧に作って届ける、店舗を持たない小さな焼き菓子屋「teinei」を運営している。こだわりの素材を使用し、委託販売、受託生産を行う。

手塚の最初の印象は、”声の小さ目なおとなしそうな人だけど、意思は主張しポイントはしっかり確認してくる人”。machimin1にある菓子製造所「本みりん研究所」をシェアキッチンとして公開し始めた良いタイミングでもあったので、”砂糖を使用する人には貸さない”というルールの解釈を見直し、「週1回は自由に使用してOK、週1回はみりんお菓子をつくるか店頭スタッフを行う」という中間点を一緒に見出していった。

毎週、金曜日に一緒にスタッフとして会うけれど、いまだ爆笑しているのは見たことがないので、いつか笑わせたいと狙いつつ苦戦中。