machimin

完全体感型拠点machimin -まちをみんなでつくる-

machiminとは

machiminは、壁を壊して輪を創ることで、すべてのヒト・モノ・バショは
いつ何時でも活きて生きることができるということを、
遊ぶように学べる場所です。

Concept

“ないなら創る。ほしいなら創る。あるもの活かす。みんなでやる。
これらを楽しく浸透させていくこと”にこだわるWaCreationが手がける『machimin-まちをみんなでつくる-』では、 “和と洋””今と昔”など異質なものを混ぜることによって、配置や見方や使い方を変えるきっかけとなり、新しい価値が見出され、未来につながっていくという思想を体感できる”日本の田舎のおばあちゃんちの縁側”をコンセプトにしました。

関東の駅百選に選ばれた外観を崩すことないよう、また安全面の補強・機能面の補填を中心にリノベーション。
入り口は透明で中を覗けて、片面は完全には閉じられていない壁とすることで、オープンな室内へ。
壁を抜いて窓を大きくとり、カラフルな電車を手の届きそうな距離で観ながら、みんなでワイワイと言える空間、まさに”壁を壊して輪を創る”を実現していけるような空間デザインといたしました。

(with 株式会社QUMA / 株式会社荘栄建設)

machiminでできること

まちを五感で体感することができる

 

「いつか教室を開きたい、お店を持ちたい、ただおいしいって笑顔になってほしい、でも…」と思っていた作り手さんと協働し、“流山市の白みりん発祥地という特性を活かして菓子やパンを製造・販売”します。
砂糖は不使用で、みりんの甘味を活かした商品を一点一点手作りしてご提供します。また、工房をのぞいて製造工程を見て楽しんでいただける、まさに体験型拠点です。
お土産を食べながら、“駅を発着するカラフルな流鉄線車両を手の届きそうな距離で楽しめる”コミュニティスペースを設置しており、新市民・地元市民の隔てなくゆっくり過ごしていただけます。
もちろん市外・海外の方にも楽しんでいただけます。
まちに興味を持った方に対し、ここが拠点となる“まち歩きツアー”や、市民や企業等との協働による多世代多様な交流につながる日替わり企画等も開催していきます。

“観て、聴いて、触って、味わって、匂って”まちを知り、まちとつながることを推進します。

 

まちの過去・現在を伝え、知り、
未来を一緒につくることができる

 

流山市は30~40歳代の子育て世帯が10年間で約2万8千人増加、2017年の転入超過数は政令指定都市を除き全国1位を誇ります。
つくばエクスプレス周辺へ新市民が集中していますが、会社と家の往復、または自宅近所以外見たことがない・・・なんてことはよくあるのではないでしょうか。
白みりんの発祥地であることや、市民たちがつくった鉄道があることをはじめとし、当時の「東葛県庁」があったほどの歴史があることをどれくらいの新市民が知っているでしょうか。
興味を持ってみるとまちは楽しく、まちの歴史や人を知れば知るほどまちを好きになったり、住みやすくなることもあるはずです。
地元の方々のお力をお借りし、新市民がまちの歴史や文化を理解した上で、一緒にまちの課題を解決したり地元を盛り上げ未来を創ることを推進します。

 

あなたの「いつかやりたい」の壁を
一緒に乗り越えられる

 

本当の自信はやった人にしかつきません。
やってみること、人に評価をもらうこと、改善して磨いていくことがなにより重要ですが、1人ではできないことはたくさんあります。
自信や実績をつけたい、誰か一緒ならできるかもしれないと一歩踏み出したい方に、菓子製造拠点やフリースペースをお貸しいたします(いくつか条件あり、要問合せ)。

machiminの価値は“営業免許のある場所、資格、スぺ―ス、企画、マーケティング、広報集客、運営支援、など複数の力をお貸しできること”です。
「やってみたい」という言葉を発するという勇気があれば、見えてくるものがたくさんあります。
あなたのしたいことやできることで、まちを盛り上げることを一緒に推進します。

実施中のプロジェクト

machiminの「場所」「人」を中心に、実施中のプロジェクトをご紹介します。
詳しくは、下記のFacebookページをご覧ください。

Instagram